機動戦士ガンダム バトルオペレーションの売り方

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の売り方はアーケードゲーム、オンラインゲーム、ソーシャルゲームの売り方を取り込んでいて、記録するに値すると思います。

どういうゲーム?

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』はTPS方式の少人数で戦う対戦ゲームです。1ゲーム8分で終わります。そしてゲームが終わった後に支給されるポイントやアイテムを使って、新しいMS(モビルスーツ、要は機体)を手に入れたり性能を上げることが出来ます。取り立てて変わったところのないゲームですね。

どのようなゲームでどのような料金体系なのか?、は4gamerの記事も参照すると良いと思います。
http://www.4gamer.net/games/150/G015049/20120612007/

どういう方法で利益を上げている?

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』は基本無料アイテム課金方式の料金体系を採用しています。無料部分はソーシャルゲームのような方式です。

お金がかかるのは主に二点。
1.対戦をするために必要なポイントの購入
アーケードゲームで100円を投入してゲームを遊ぶ様子を想像してもらうと分かりやすいと思います。『バトオペ』の場合は一日数ゲームほど無料で遊べますがそれ以上に連戦をしようとするとお金がかかります。そのかわりゲームのクライアントは無料で配布されてます。

「一日数ゲーム遊べる」と書きましたが、これは正確ではありません。正確には「一回無料で遊べるアイテムが二時間ごとに支給される」です。二時間経てばタダで遊べるというわけです。

2.機体を最大まで強化するためのポイントを購入
いわゆる「アイテム課金方式」と呼ばれている料金体系です。

『バトオペ』はけっこうな利益があるらしいです。対戦一回ごとにお金がかかるアーケードゲームのような方式を使っているため、継続的に売り上げが出るのでしょうね。そして無料で遊べる回数もあるから、一見すると財布にもやさしい。売り上げについては日経産業新聞9月21日の一面も参照してください。

面白いかどうかと言われると・・・

でまあ『バトオペ』が面白いかと言われると、今からわざわざ遊ぶには厳しい面があります。詳しくは書きませんが、私のように新しくやろうとするとずっとカモになってしまうようなシステムなんですよね。

しかしモビルスーツを操っていると感じさせる重厚な操作感は戦争っぽいですし、細かいモーションや細部まで描かれたMSの数々は原作を尊重していてツボは押さえていると言えるでしょう。

10121006s.jpg