プリンスオブペルシャ 忘却の砂

『プリンスオブペルシャ 忘却の砂』は2010年に発売されたアクションゲームで、プリンスオブペルシャシリーズの一つです。2003年から続々と発売されたPS2世代のシリーズを、『アサシンクリード』で使った中身を再利用してリメイクしようというコンセプトで作られています。ということで、実質四作目の「時間の砂シリーズ」となるわけです。

 

まあこれ四作目なんですね。間に『プリンスオブペルシャ』(2008)が挟まったとしたら五作目になるんでしょうか。続編だけあって完成度は最高に高い。というかシリーズ屈指の面白さと言っても良い。しかし、やってることが以前から全く変わらない。なにせ見たことある仕掛けばかりで、何も目新しいことをやっていない。これじゃあシリーズ存亡の危機になってしまうのではないか。『アサシンクリード』という次世代のアクションに、プリンスオブペルシャはどうしても見劣りしてしまいます。わざわざプリンスオブペルシャの続編を作る意味なんて経営側からするとないんじゃないかと思ってしまいます。

 

『プリンスオブペルシャ』(2008)が革新的なものをやろうとしてコケたとすれば、『忘却の砂』(2010)は保守的になりすぎて過去の遺物になりかけてしまったと言えるかもしれません。いやでもよくできていますよ。ゲームバランスは最高。