EAジャパン金使いすぎだろ・・・

4gamer.netは今ではインターネット最大クラスのゲームメディアです。紙媒体だとファミ通や電撃は強い。しかしなまじ紙媒体で強いがゆえにウェブサイトの充実にはあまり手が回ってないような感じ。ですからウェブだけを見るのならば4gamerの方が情報量は多く、記事も細かくて使いやすい。

 

4gamerにはPR記事という「ゲーム会社からお金をもらって書いた記事」があります。一回書くごとに三週間の期間と、95万円の費用がかかるそうです(ソース(pdf))。ちなみに2年前の記事では70万でしたから、値上げしたんですね。それだけ儲かっているということですか。

 

んで、そのPR記事が三回も書かれたゲームがあるのです。それが『バレットストーム』。先日私のサイトにレビューをアップロードしたゲームですね。三回掲載ですから300万円の計算です。もしかして吹き替えじゃなかったぶん、声優にかけようとしたお金を広告費に回したのではないかと邪推しています。他にも「何か」を切り詰めたお金を広告に回してるかもしれません。

 

実はファミ通にも特集記事があります。こっちのほうが迫力が伝わってくる、金かかってそうなPRです。あとは「はちま起稿」にもあるね。あそこはレビュー記事書くのに金もらってるんじゃないの?といわれているブログ。嘘か本当か知らんけど。

 

このPRで面白いのは「時間差」です。4gamerの三回記事を見てみると、1月15日2月12日3月26日とほぼ一ヶ月おきにでています。ゲームの発売日2月24日を挟み込むようにPRしている。ファミ通は2月10日。はちまは3月26日(まあこれを広告記事と考えるかは別にして)。これも発売を挟み込むようにしている(こう書くと余計にはちまが怪しくなってくるが気にしない)。

 

発売日を過ぎてからPRをするというのはなかなか悪くないと思うんですよね。ゲームって発売前ばかり大騒ぎになって、発売した後は終息しがちですから。今では日本語PS3、XBXO360版ともに新品価格が暴落しかかっていますから、興味がある人は購入を検討してみてはいかがでしょう。FPSとしてはかなり面白い方のゲームです。