体系化と批評について

ビデオゲームのレビューを書いていて、体系化」はきわめて難しいと感じ入ります。「体系化」とは何ぞや、と思われるかもしれませんが、わかりやすくいうと「AとBは○○の関係があり、BとCは××の関係がある」といったように、ものごとを関連付けることを意味して私は使っています。

体系化を経ていない文章は読み応えがありません。まるで内部で分裂しているかのような印象を受けます。そして時間がたつと風化します。だからといって体系化すればいいのですが、そう簡単にはいきません。

批評や講評をする前に行う分析対象の精査はおおかた以下のようなことを繰り返しますよね。

1.分析対象を大雑把に把握する

2.分析対象を各要素に分解し、詳細な検討を加える

3.詳細な検討を加えた各要素はもともと分解されたものだから、改めてひとつのものとして組み立てなおす

4.分析対象を新たな視点で把握する(以下2にもどる)

わたしの思うに「3」がきわめて難しい。 「改めてひとつのものとして組み立てなおす」というのは自分なりの解釈が入り混じるため、そう簡単にはでてこないからです。私の書いたレビューを見直してみても、「2」まではできていて「3」まではできていないものがたくさんあります。インターネットでみかけるレビューでも、「3」をうまいこと行っているものはあまりないですね。

あれが面白い、面白くない、このシステムは良い、悪い。ここまでは楽なのです。しかしその先、あれとこれはどのように関連し合っているか、そういうところを記述するのは難しい。

もうひとつ、分析したいものを評価するとき大きな流れに位置づけてみるという手法があります。それは以下のとおりです。

1.分析対象を大雑把に把握する

2-a.分析対象を同じジャンルや同じ部類のものと比較する(横をみる)

2-b.分析対象の所属する領域について歴史的に回顧する(縦をみる)

3.その上で分析対象を大きな流れのなかに位置づける

4.分析対象を新たな視点で把握する(以下2にもどる)

ひとつの分析対象の精査とほとんど同じなのですが、対象が広がっています。お気づきの方はいるとおもいますけれど、これはつまるところ「歴史を記述する」という方法に似ているのですね。ここまでくると参考にするべき対象が増えて、自分の好きなように書くわけにはいかなくなります。好き勝手にレビューするカタルシスはなくなってしまいます。ですが自分の解釈と実態との乖離、一致をどのように埋めて一本の筋をとおしてゆくはスリリングな知的遊戯でもあります。

批評というものはどうして行われるのでしょうか?簡単に言うと対象の再評価のためです。つまり「私はAについて××と思ったけど、甲さんは△△と思っている。甲さんの考えをもとにAをみなおすと、確かに△△という面がうかんでくる」、このような体験を促すために行われます。そんなことを繰り返していると、対象への見方が変わってきます。作品に対する考えや印象が変容してきます。そして新たな視点を得たときに、元の対象はまったく違ったものに見えているはずです。

批評とは対象となる作品を何度も楽しむためのものとして存在しています。 対象への見解を組み立てなおし新たな視点で見ようとする姿勢が批評そのものなのです。そして批評をするためには、「体系化」が不可欠です。