点数をつける理由

ビデオゲームに点数をつけるのは難しいです。採点基準なんてものはないのですから当たり前と言ったら当たり前。しかし意味はある、と思う。

ビデオゲーム同士の相対的な位置を考えることになる

もう本当に悩むわけです。AというゲームとBというゲームはどっちが上なのだろう、と。しかも思いっきり点数差をつけるのだから、きちんと理由付けをしていなければなならない。誰かに疑問を持たれたときに即回答できなければ情けない。

そうやって何十本も繰り返し採点していくうちに、自分の好きなゲームはどうであるとか、自分の感性がどうなっているのか、似ているゲーム二種類の違いは何かを自然と意識できるようになってきます。本来は点数付けするなんてことは不可能でも、なんとかしてやろうと思うと見えてくるものがあるわけです。

おそらく見ている方も楽

もうひとつ利点があります。私のウェブサイトを見てくれた人が「どのようなゲームを遊びたいのか」を探すときの指針にもなるのです。点数になっているおかげですぐ分かるんですね。もちろん私の独断的な点数付けですので、どこまで参考になるかは未知数です。それでも判断の手がかりにはなり得ます。

点数付けは今後も継続してやっていきます。利点は多い。欠点もあるけれど、やり続けることに意味はあると思いたい。