自分の文章がヘタクソだ

自分が感じたことをいかに相手に伝えるか。それが批評だと思います。自分が感じた心の動きを描写しても良い。題材の分析を通して自分の思いを伝えても良い。

 

批評では文章の「上手さ」が重要です。上手かったら中身がなくとも読ませることができる。中身のなさを「上手さ」でカバーできる。しかしそんなことができる人は滅多にいない。「上手い」文章はなかなか生まれない。

 

着眼点、鋭さも「上手さ」と両立すべき点でしょう。たとえ下手な文体でも書いてあることが面白ければ、人は興味をもってくれる。読んでくれる。下手な言葉でも心理を突いた言葉ならば人を動かします。そこに技巧だけでは到達できないものがあります。

 

以上ふたつが揃っているのが優れた批評に他なりません。

 

 

とまあ書いてきましたけれども、文章の構成において私が犯しがちな欠点をひとつ見つけました。「だ」「である」調の文章で主語に「は」を連発する傾向です。戒めとして書いておきます。

 

どうして「は」を使うのか(「私は」とか、「FPSとは」とか、)。何も大した理由はありません。「は」で始まると簡単なんですね。文章を書く前に、とりあえず「私は」を書いておく。そうすると次に書くべき文章が見つかりやすくなる。だから楽なんです。先に主語を作ってしまうとかなり楽になる。

 

しかし、「は」から始まる文ばかりだと単調になってしまいます。論理的に文法的に正しくとも、リズムが悪い。「は」をなるべく使わない文章のリズムはウネウネとしている。ウネウネとしているから読んでいても緩急を感じられる。

 

単調な文章とは起伏がない文章です。同じような文体がひたすら続けばそれだけ飽きる。文章が立体的に見えないのです。一方で優れた文章は文字が立体的に浮かび上がる。ダメな文章は文字が二次元のまま。二次元で書かれた文字を三次元に翻訳するためには、リズムが必要です(色で書き分けても良いのですが)。

 

そろそろ「レビュー」記事には書き方の変化が必要かなと思います。どうにもこうにも「は」が目立ちすぎる。